穴の空いた登園帽子の応急処置方法

日々の記録

悲劇は突然に。。。

ある日、洗濯物を取り出すと子どもの保育園の登園帽子が無残な姿に。。。。

何故か毛糸を子どもが挟んでいた

何故こんなことに。。。

洗濯機の中に刃物でも入っていたのかと思うほどの傷。

ドラム式洗濯機で乾燥まで回してしまったことと、ネットに入れないまま回してしまったことが原因でした。

やってしまったことは仕方ない。

さてどうしようということで、買う何かしらの方法でごまかすかで悩みました。

思ったより高くはないし買ってしまえば楽に済むものの、来年度は保育園を変わる予定なのでこの帽子は必要なくなるかもしれない。。。

そう思うと、とりあえず何とか出来るなら何とかしてみようと思いやってみることにしました。

応急処置方法

<準備したもの>

  • 傷ついた帽子
  • どこにでもある撥水加工のポーチ・または生地
  • ハサミ
  • 布に対応している瞬間接着剤

つばの部分はプラスチックのため縫い付けることはなかなか難しそうでした。

なので、くっつける方法一択でやってみることにしました。

丁度いい同系色の使っていないポーチがあったのでそれを切り取って使うことにしました。

後は、帽子の傷のサイズに合わせてカットをして完成です。

子どもにリクエストを聞いてリボンにしました。

接着剤として初めは裁ほう上手を利用していたのですが、一日で剥げてしまいました。

裁ほう上手の注意書きの接着できないものに、撥水加工など特殊加工を施した生地としっかり書いてありました。

created by Rinker
¥540(2021/10/29 00:24:44時点 楽天市場調べ-詳細)

最終的に瞬間接着剤を使用しました。

数週間経ちますが、今のところ剥がれることなく使用できています。

created by Rinker
¥544(2021/10/29 00:24:44時点 楽天市場調べ-詳細)

なかなかないことだとは思いますが、こんな方法で応急処置してみました。

タイトルとURLをコピーしました