Googleフォトの有料化、今のところの対応策はナシ

ライフハック

写真の保存の課題に直面

Google フォト
すべての写真や動画がまとめられて、自動的に整理され、また共有も簡単に行えます。

これは、大問題やで~!!

えっ?そんなに?!

そもそも有料化になってどう影響するか。分かってる??

ど、どうなるの?

これまでどおりの無料の範囲では写真や動画が保存できる容量をすぐに使い切っちゃう。仮に有料プランの中で一番安い100GBを利用するとしても毎月250円を払っていかなければならない。これは、100GBを使い続けるために必要な金額で、100GB毎月購入するわけではないよ。

毎月100GBづつ足されていくわけじゃないのね。。。

とある日に撮ったデータ量を見てみると、写真32枚と約1分の動画2本でおよそ200MB/日使っていた。

毎日このデータ量を使用するとして単純に計算すると、一年半持たずに100GBを使い切ってしまう。

早っ!!(汗)

特に動画を撮影すると凄い勢いで保存できるデータ量がなくなっていく。。。

も、もうお金を出すしか。。。

一番大きいデータ量の2TBでもいつかは使い切る量と考えられる。

2TBは年間15600円かぁ。

これまで無料で利用できていたことを考えると安くはないね。

ずっと払い続けないと利用できないところも痛い。。。

さて、どうしましょう。

初めに結論

色々調べてるんだけど、

今の所、安価にこれまで通りのレベルで使えて満足する解決策は、ナシ!

ええ~!!!?

わが家のGoogleフォトの利用方法

もともと趣味で写真を撮っていましたが、やはり子どもが生まれると更に写真を取る機会が増えました。そして撮影した写真や動画はGoogleフォトへ自動的にアップロードされるように使っています。

子どもの顔が認識された写真はじーじとばーばにも自動的に共有され、離れていても孫の普段の様子を楽しんでもらえるようにしており、生活に欠かせないものとして利用してきていました。

代替案①:Googleフォトを有料で使い続ける

Googleフォトの保存容量アップにお金をかけてもいいけど、ただ保存容量が増えるだけ。せっかく保存容量が増えるならGoogle Driveでも積極的に活用したいところだけど、安価な契約ではファイルストリームを使えないから活用しにくいのがちょっと引っかかるよね。ビジネスプランで契約すれば使えるけど。

なるほど。。。よく分からん。

、、、お金を払うんだったら包括的に他のサービスも良くなってほしいね!

華麗なスルー!!

ファイルストリームとは
自分のPCのストレージは消費せず、保存したファイルを完全に、クラウド上のGoogleドライブに預けられるもの。
メリットとしてはPCの容量を消費しないこと・データの共有が簡単でリアルタイムで共同作業ができること・セキュリティが高いこと・様々なデバイスに対応していることなどがある。

代替案②:Amazon Photos

Amazon Photos
Amazon PhotosはPrime会員に無料のオンラインストレージを提供し、デスクトップ、モバイル、タブレットに無制限の写真を保存して共有することができます。

Amazon Photosはどんな感じなの?

前提としてプライム会員であることが条件。

今の所プライム会員は継続して契約するんだし、良いんじゃない?

Googleフォトより良いところは、画質や解像度を落とさずに容量無制限で写真を保存してくれるところ。

おっ。良さげじゃないですか??

いまひとつな点は、容量無制限で保存してくれるのは写真のみで動画が保存できないところと、Googleフォトからデータを移行するのが大変なところ。

動画は別に保存が必要になると。。。

動画だけ外付けハードディスクドライブとかに手動でバックアップとかになるのかな。今までの写真はGoogleフォトに残しておけばいいんじゃない?

データの管理は一元化必須やで!!

あっちこっちにデータが有ると、どこに度のデータを保存しているかがぐちゃぐちゃになるでしょ?

お、おう。。。ITリテラシー?低くてすまんな。

ちなみに移行するのはどれぐらい大変?

PCのストレージ容量より今までGoogleフォトに保存してきたデータ量のほうが莫大だから、数GBのダウンロードとアップロードを100回以上やる感じ!!

おえええ~。

代替案③:Microsoft 365

すべての Microsoft 365 プランを比較 | Office 365 は Microsoft 365 になりました
個人、家族、学生向けの Microsoft 365 (旧 Office 365) プランを比較します。 パワフルな生産性向上アプリやクラウド ストレージなどを活用して、毎日の生活をよりクリエイティブに、便利に、安全に。

良いところは年間約13000円で毎年最新のWord、Excel、PowerPointなどの最新型のOfficeアプリが使えるところ。同一ユーザーが使用するすべてのデバイスで利用可能なのも嬉しい。

Googleフォトから写真を直接データ移行する手段もあるみたい。

最新型Officeアプリが使えて、1TBも保存できるなら悪くないんじゃない。

(Microsoft 365 Personalの場合)

保存はできるけど、Googleフォトみたいな使いやすい写真の管理アプリはない。保存するのみって感じだね。

Googleフォトが優秀過ぎたんだなぁ。

まとめ

確かに今まで使っていたようなGoogleフォトに置き換えられるようなものはなかった。。。

それなりのお金を払えと言うことだな。

ああああああ~

写真の保存も固定費として考える時代になったんだね。

Googleフォトを獲って食うような画期的で新しいサービスが現れないかな。。

ちなみに、親への孫の写真共有は手段を変えるしかない。

また操作を1から教えなきゃいけないのか。。。大変!

みなさんもいい方法があれば是非教えてください。

解決策はすぐに見つからないと思いますが、また共有できることがあったら書こうと思います。

おしまい!

タイトルとURLをコピーしました